日付:2017年5月22日
分類:ボーナス
企業:-
内容:夏のボーナス2.75%減 円高が製造業に逆風-日本経済新聞社が21日まとめた賃金動向調査で、2017年夏のボーナス(9日時点、中間集計)は支給額が5年ぶりに減少した。全産業平均の支給額は16年夏比2.75%減の83万9560円だった。企業業績の改善などを受け、支給額はリーマン・ショック前の水準を確保。ただ円高の逆風で業績が振るわない自動車など製造業が支給額を減らしたことが響き、マイナスに転じた。
ソース:日本経済新聞


日付:2017年5月19日
分類:薬価
企業:厚生労働省
内容:後発品同一価格帯で総価契約の容認案  厚労省、流改懇に提案も合意至らず-厚生労働省は19日、「医療用医薬品の流通改善に関する懇談会」(流改懇)で、単品単価契約の定義を見直してはどうかと提案した。3価格帯に分かれている後発医薬品のうち、同一価格帯の複数銘柄(組成、剤形区分、規格が同じもの)については総価契約を認めるという内容。ただし、1品ごとに価格交渉する従来の単品単価契約を原則とすることに変わりはない。卸の価格交渉負担を減らすための苦肉の策だったが、関係者の合意を得るまではいかず、引き続き調整することになった。
ソース:日刊薬業


日付:2017年5月19日
分類:ジャヌビア、スーグラ
企業:MSD、アステラス製薬
内容:2型糖尿病治療用配合剤を承認申請-MSD株式会社(本社:東京都千代田区、社長:ヤニー・ウェストハイゼン、以下 「MSD」)とアステラス製薬株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長CEO:畑中 好彦、以下「アステラス製薬」)は、このたび、MSDがDPP-4 阻害剤シタグリプチンリン酸塩水和物(製品名:ジャヌビア®錠)とSGLT2阻害剤イプラグリフロジン L-プロリン(製品名:スーグラ®錠)の配合剤について、2型糖尿病を適応症として日本において製造販売承認申請を提出しましたので、お知らせいたします。
ソース:アステラス製薬株式会社(プレスリリース)


日付:2017年5月19日
分類:薬価
企業:厚生労働省
内容:【医療保険部会】先発薬価の給付めぐり議論‐差額負担、値下げに慎重姿勢-社会保障審議会医療保険部会は17日、経済・財政再生計画の改革工程表に示された先発品価格の負担のあり方について議論した。厚生労働省は、先発品と後発品の差額を患者負担とする“参照価格制度”を念頭に置いた考え方、長期収載品の薬価を後発品まで引き下げる考え方の二つの案を提示したが、委員からは患者負担増や企業に大きな影響を与えることへの懸念から、慎重な意見が相次いだ。
ソース:薬事日報


日付:2017年5月22日
分類:ヒトメタニューモウイルス感染症
企業:Meiji Seika ファルマ株式会社
内容:ヒトメタニューモウイルス感染症とは-気管支炎や肺炎などの呼吸器感染症をひきおこすウイルスの一種です。1~3歳の幼児の間で流行することが多いのですが、大人にも感染します。小児の呼吸器感染症の5~10%、大人の呼吸器感染症の2~4%は、ヒトメタニューモウイルスが原因だと考えられています。とくに乳幼児や高齢者では重症化することもあり、注意が必要です。
ソース:Meiji Seika ファルマ株式会社


日付:2017年5月19日
分類:B型肝炎
企業:厚生労働省検疫所
内容:型肝炎について (ファクトシート)-
●B型肝炎は肝障害を起こすウイルス感染症です。急性疾患と慢性疾患を起こします。
●このウイルスは、感染者の血液や、その他にも体液に接触することで伝播します。
●推定で、2億5,700万人が慢性的にB型肝炎に感染しています(B型肝炎表面抗原が陽性と定義される者)
●2015年には、肝硬変、肝がんを含む毎年88.7万人以上の人がB型肝炎の合併症によって死亡しました。
●B型肝炎は、医療従事者にとって重大な職業上の危険要因です。
●しかし、B型肝炎は、現在、安全で効果的なワクチンを使用することによって予防することができます。
ソース:厚生労働省検疫所(FORTH)