日付:2017年5月22日
分類:問題発言
企業:高須クリニック
内容:平成29年5月19日付大臣会見概要-
(記者)別件で、先日の厚生労働委員会で、医療法の審議の中で、民進党の議員が悪徳美容外科や陳腐なCMの例として「イエス、○○クリニック」と高須クリニックを連想せるような発言をしたとして、高須クリニック側が大西議員や蓮舫代表を提訴すると発表しています。厚生労働委員の発言がこうした騒動を招いたことになりますが、審議の質問の発言として適切であったかどうか、どうお考えでしょうか。
(大臣)これは国会議員が自らの判断でご質問されるわけでありますから、それについていろいろな問題が起こるのであれば、それは個人として対応を適切にされるのではないかと思います。大西議員がきちっとされるのではないかと思います。
ソース:厚生労働省


日付:2017年5月22日
分類:食品中の放射性物質
企業:厚生労働省
内容:食品中の放射性物質の検査結果について(第1034報)(東京電力福島原子力発電所事故関連)-厚生労働省では、東京電力福島原子力発電所事故を踏まえて自治体等において行われている、食品中の放射性物質の検査結果について、別添のとおり取りまとめましたので、公表します。 →宮城県産コシアブラ・タケノコ、長野県産タラの芽・コシアブラ・コゴミなど9件で基準値超過。
ソース:厚生労働省


日付:2017年5月23日
分類:後発医薬品
企業:厚生労働省
内容:後発品80%の達成時期、目標は「20年9月」  塩崎厚労相、きょう諮問会議で表明-厚生労働省は、後発医薬品の数量シェアを80%以上とする目標について、達成時期を「2020年9月」までとする方針を決めた。内閣府が23日に開く予定の経済財政諮問会議で、塩崎恭久厚生労働相が表明する。
ソース:日刊薬業


日付:2017年5月22日
分類:フォーミュラリー
企業:厚生労働省
内容:医療機関の「フォーミュラリー」、検討の時期到来  厚労省・浦課長補佐-厚生労働省保険局医療課の浦克彰課長補佐は20日、沖縄県名護市で開催された日本ジェネリック医薬品・バイオシミラー学会学術大会で講演し、フォーミュラリー(推奨医薬品リスト)について「経済的な視点も含めた採用薬リストを検討する時期に来ている」と述べ、病院で導入に向けた検討を進めることに期待感を示した。
ソース:日刊薬業


日付:2017年5月22日
分類:薬価
企業:厚生労働省
内容:薬価制度の抜本改革、要望実現の機会でもある  厚労省保険局・城総務課長-厚生労働省保険局の城克文総務課長は20日、沖縄県名護市で開催された日本ジェネリック医薬品・バイオシミラー学会学術大会で講演し、昨年12月に4大臣合意で決まった中間年改定など薬価制度の抜本改革について「『行う』と基本方針に書かれてあるので決定事項だ。困ったことと考えるのでなく、業界として医薬品の価格についてどういったことをやってほしいのか盛り込むチャンスでもある」と述べ、制度改正を要望実現の機会と捉えて臨んでほしいとアドバイスした。
ソース:日刊薬業


日付:2017年5月22日
分類:バイオシミラー
企業:バイオシミラー協議会
内容:バイオAG 「産業を脅かす」‐BS協議会が見解-バイオシミラー協議会(BS協議会)は16日、バイオ医薬品のオーソライズド・ジェネリック(AG)がバイオ医薬品産業の開発と普及を脅かす可能性があるとの見解をまとめ、厚生労働省医政局経済課長に提出した。
ソース:薬事日報


日付:2017年5月22日
分類:治験費用
企業:クインタイルズ
内容:クインタイルズ、新薬開発費を最大10%減 治験安く-医薬品開発業務受託機関(CRO)大手のクインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン(東京・港)などは臨床試験(治験)にかかる費用の削減に乗り出す。各病院の医師や処方実態のデータから、症例数が多い病院や経験のある医師を効率よく探す。新薬の研究開発費を年間5~10%程度減らせると試算しており、製薬会社に向けて売り込む。
ソース:日本経済新聞


日付:2017年5月22日
分類:バイオシミラー
企業:協和キリン富士フイルムバイオロジクス
内容:協和キリン富士フイルム、バイオ後続品を海外で初申請-協和キリン富士フイルムバイオロジクス(東京・千代田)は22日、欧州で関節リウマチ治療薬「ヒュミラ」のバイオシミラー(バイオ後続品)の承認申請をしたと発表した。国内メーカーが海外でバイオ後続品の承認申請をするのは初めてとみられる。2018年から19年ごろの販売開始をめざす。
ソース:日本経済新聞


日付:2017年5月23日
分類:予防接種
企業:-
内容:予防接種「治療や手術と違う」点とは【時流◆ワクチン液混合】-2016年から今年にかけて、東京都などで複数のワクチン液を混ぜ、1つのシリンジで小児に接種する事案が相次いで明らかになった(関連記事)。川崎医科大学小児科学教授の中野貴司氏によると同様の相談は他にもあるとのことだが、予防接種の標準的な方法を逸脱した場合、期待される予防効果が得られないばかりでなく、予防接種制度の信頼性にも影響が及びかねない。中野氏に、現在の国内における小児ワクチンの課題と解決策を聞いた。(取材・まとめ:m3.com編集部・坂口恵)
ソース:m3.com


日付:2017年5月23日
分類:-
企業:武田薬品
内容:武田薬品 Nektar社の抗癌T細胞亢進薬と自社品の併用の前臨床研究提携を発表- 武田薬品の研究開発(R&D)の補強は続き、Nektar Therapeuticsの抗癌CD8エフェクターT細胞/ナチュラルキラー(NK)細胞増殖薬NKTR-214と武田薬品の5つのオンコロジー化合物の併用を前臨床研究する提携が発表されました。
ソース:BioToday


日付:2017年5月22日
分類:インフルエンザウイルス
企業:京都府立医科大学
内容:インフルエンザウイルス、消化管内の環境下でも感染力を有したまま存在-京都府医大-京都府立医科大学は5月18日、インフルエンザウイルスとその遺伝子(RNA)が、粘液存在下で消化液(胃液・胆汁・膵液等)に耐性を獲得し、感染力を有したまま存在可能であることを発見したと発表した。
ソース:QLifePro 医療NEWS


日付:2017年5月22日
分類:再生医療
企業:京都大
内容:医療用ES細胞を承認=京大、国内初の作製へ-文科省-文部科学省の委員会は22日、再生医療に使うため胚性幹細胞(ES細胞)を作製する京都大研究チームの計画を大筋で承認した。厚生労働省が近く開く委員会で認められれば、医療用ES細胞が国内で初めて作られることになる。
ソース:時事ドットコム


日付:2017年5月23日
分類:帯状疱疹
企業:兵庫県皮膚科医会
内容:帯状疱疹、増える恐れ...定点調査の兵庫で急増〔読売新聞〕-高齢者に多い帯状疱疹(ほうしん)の患者が2015年以降、兵庫県内で増えていることがわかった。国の集計はないが、専門家は全国的な増加を懸念している。同じウイルスの感染による水ぼうそう患者が減少したことが、帯状疱疹が増えた一因との推測もある。
ソース:Medical Tribune


日付:2017年5月22日
分類:遺伝子病
企業:ジェネシスヘルスケア社
内容:「将来の子」遺伝病予測、両親検査し発症率判定...国内企業計画〔読売新聞〕-将来生まれる子どもの遺伝病の発症確率を調べる検査サービスを、国内大手の遺伝子検査会社が来年にも開始する計画があることがわかった。男女カップルの遺伝情報を調べることで、筋ジストロフィーやパーキンソン病の一部など約1050の病気の発症確率が把握できるという。利用者のニーズがある一方、新たな差別を助長する恐れもあるとして、関係学会は、検査に懸念を示す声明を検討している。
ソース:Medical Tribune


日付:2017年5月20日
分類:予防接種
企業:-
内容:イタリア、予防接種を就学の条件に-イタリア政府は19日、麻疹(はしか)患者の急増を受け、一連の予防接種を就学の条件とする新政令を承認した。
ソース:AFPBB News