日付:2017年5月23日
分類:株主優待制度
企業:ツムラ
内容:ツムラ、株主優待を導入-ツムラは23日、株主優待制度を導入すると発表した。毎年9月30日時点で100株以上を3年以上保有する株主が対象。自社の入浴剤を贈るほか、抽選で茨城工場に併設する漢方記念館に招待する。個人株主の満足度を高め、株式の長期保有を促す。
ソース:日本経済新聞


日付:2017年5月23日
分類:-
企業:-
内容:菅長官、「中間年改定」に釘刺す発言か  諮問会議で「毎年」を強調-政府は23日の経済財政諮問会議で社会保障改革を審議した。「骨太方針2017」の策定前に社会保障を審議するのは今回が最後。会合は非公開だ。この中で、菅義偉官房長官が薬価の毎年改定について発言。中間年改定の対象品目を絞り込む厚生労働省の方針に対し「毎年改定」を骨抜きにするなとくぎを刺したのではないかとの見方が広がっている。
ソース:日刊薬業


日付:2017年5月23日
分類:-
企業:-
内容:新薬創出加算の「企業要件」見直し、外資対策か  塩崎厚労相、諮問会議で提示- 塩崎恭久厚生労働相は23日の経済財政諮問会議で、薬価制度の抜本的見直しに向けた改革案(大臣ペーパー)を提示した。新薬創出・適応外薬解消等促進加算の見直しに関しては、対象医薬品の範囲に加え、「企業要件」を見直す方針。新薬創出加算は外資系企業の医薬品により多く算定されている、との指摘に配慮したとみられる。
ソース:日刊薬業


日付:2017年5月24日
分類:フォーミュラリー
企業:聖マリアンナ医科大学
内容:【聖マリ医大病院】フォーミュラリーで薬剤費減、1年間で約2000万円‐後発品の数量割合9割超に-聖マリアンナ医科大学病院は、科学的根拠に経済性を踏まえて、後発品の積極使用を推進する「フォーミュラリー」の運用により、2016年度の院内薬剤購入費を前年度比で約2000万円削減した。
ソース:薬事日報


日付:2017年5月23日
分類:骨太の方針
企業:経済財政諮問会議
内容:首相、骨太の方針「具体化作業の加速を」 経済財政諮問会議 -府は23日夕、経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相)を開き、6月にまとめる経済財政運営の基本方針(骨太の方針)の骨子案などについて議論した。安倍首相は出席した閣僚らに対し、来月の取りまとめに向けて「本日の議論を踏まえ、具体化の作業を加速して頂きたい」と要請した。同日の会議では東京五輪などに向け需要が高まる公共投資を軸とした経済対策の執行状況や薬価制度の改革についても議論した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕
ソース:日本経済新聞


日付:2017年5月23日
分類:薬価
企業:-
内容:日本版NICEの創設を検討へ 諮問会議で塩崎厚労相-塩崎厚労相は経済財政諮問会議で、医薬品などの費用対効果を評価する仕組みの本格導入に向け、今後、新たな組織の設置について検討する考えを示した。【敦賀陽平】
ソース:医療介護CBnews


日付:2017年5月24日
分類:-
企業:日本マイクロバイオコンソーシアム
内容:製薬や食品など19社、日本マイクロバイオームコンソーシアムを設立-国内の製薬企業や食品、化粧品、検査会社19社は、一般社団法人日本マイクロバイオームコンソーシアム(Japan Microbiome Consortium:JMBC)を2017年4月19日に設立した。2017年5月23日、JMBCが記者会見を開催し、今後の活動内容や参加企業を公表した。
ソース:日経バイオテク


日付:2017年5月23日
分類:梅毒
企業:国立感染症研究所
内容:梅毒の届け出数、「多くの地域で増加」 感染研、昨年同時期と比較-国立感染症研究所は23日、梅毒の届け出数などの分析結果を公表した。東京都は昨年の同時期より届け出数が減少した一方、多くの地域では増加していたと指摘。「報告数は依然として多い状態が継続している」として、早期発見・治療の重要性を挙げている。【新井哉】
ソース:医療介護CBnews


日付:2017年5月24日
分類:Hib、PCV
企業:日本小児科学会
内容:Hib、PCV定期接種化後の市中菌血症の実態-わが国では、2013年4月からインフルエンザ菌b型(Hib)ワクチンと小児用肺炎球菌ワクチン(PCV)が定期接種化された。国保旭中央病院(千葉県)小児科小児総合診療部長の北澤克彦氏は、定期接種化後の小児市中菌血症(CAB)の実態を調査し、その結果を第120回日本小児科学会(4月14-15日)で報告した。
ソース:Medical Tribune