日付:2017年5月24日
分類:資金提供
企業:衆議院厚生労働委員会
内容:国立大病院への資金提供を調査  衆院厚労委で樋口文科政務官-文部科学省の樋口尚也大臣政務官は24日の衆院厚生労働委員会で、国立大病院に対する民間企業からの資金提供状況の概況について、早急に調査に着手すると述べた。私立大病院については「検討する」と述べるにとどめた。岡本充功氏(民進)への答弁。
ソース:日刊薬業


日付:2017年5月24日
分類:ニンラーロ
企業:武田薬品工業
内容:多発性骨髄腫治療剤「ニンラーロ カプセル」の日本における発売について-当社は、本日、多発性骨髄腫治療剤「ニンラーロ カプセル」(一般名:イキサゾミブクエン酸エステル、開発コード:MLN9708)を日本で発売しましたのでお知らせします。本剤は、レナリドミド及びデキサメタゾンとの併用において、再発又は難治性の多発性骨髄腫に対して承認を取得した、日本で初めての経口プロテアソーム阻害剤です。
ソース:武田薬品工業(プレスリリース)


日付:2017年5月25日
分類:分社化
企業:武田薬品工業
内容:【武田薬品】250人が転籍、非臨床CROに‐創薬研究部門の一部事業-武田薬品は、創薬研究部門の一部事業について、4月に神奈川県藤沢市に設立した完全子会社と吸収分割契約を締結する形で、分社化すると発表した。非臨床試験の受託機関(CRO)として運用していく。約250人が子会社に転籍予定で、現在は労働組合と協議をしている段階。資本金1000万円で、7月から事業を開始する。現時点で子会社を売却する予定はないが、「あらゆる可能性を視野に入れている」としている。
ソース:薬事日報


日付:2017年5月25日
分類:海外投資
企業:第一三共
内容:第一三共、3年後に海外売上高5割 米国で220億円投資-第一三共は2020年代前半にも海外売上高比率を5割超に高める。220億円を投じて米国で増産体制を整えるほか、成長分野の抗がん剤を海外で相次ぎ投入する。印後発薬ランバクシー・ラボラトリーズの買収失敗から国内を重視しており、16年度の海外比率は39%と国内主要5社で最低。国内市場が伸び悩むなか、海外需要を開拓して成長を目指す。
ソース:日本経済新聞


日付:2017年5月23日
分類:PLAJEX
企業:テルモ株式会社
内容:テルモが製剤の受託製造をするバイオシミラー、欧州医薬品庁が承認申請受理 薬剤充填用注射器「PLAJEX」の海外展開が加速-テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:佐藤 慎次郎)は、テルモが製剤の受託製造を予定しているバイオシミラーの販売承認申請が、5月18日、欧州医薬品庁(EMA)に受理され、審査が開始されましたので、お知らせいたします。本剤には、テルモの薬剤充填用注射器「PLAJEX」が容器として採用されており、PLAJEXに充填された医薬品が海外で申請されたのは初めてです。
ソース:テルモ株式会社(プレスリリース)